• 精神疾患とフリーランス

    精神疾患とフリーランスはとても密接な関係にあります。もちろん、精神疾患を持っていなくて個人事業主としてフリーランス活動を精力的に行っている人もいます。

    ただ、「自宅でできる」「外に出なくてもいい」「社会に関わらなくてもいい」などの条件を満たしているリーランスは、精神疾患が良くなってしまうケースが多いです。いわゆるひきこもりが簡単に収入を得るには、フリーランスになるのが手っ取り早いです。そして、以外の選択肢がありません。そうした精神疾患の場合には、最も多いのが仕事を放棄することです。

    仕事は受けたはいいものの、期限までに終わらず、また精神的に不安定になって仕事を放棄してしまうのはよくあることですが、いけないことです。



    そのため、クライアント様も警戒しています。もし、仕事を頼んでその仕事を放棄されたらどうしよう。
    それはクライアント様なら誰でも考えられることです。

    何せ、欲しがっているものをくれないわけですから、期限などを考えると、かなりの損失です。
    まずは、「期限は厳守します」という文面をしっかりと、明記することが必要です。
    そして、その通りにやってみてください。



    そうすれば、徐々に信用を集め、フリーランスとして、活動できるようになります。


    何事も信用です。



    信用があれば、何事も上手く行きます。
    それができないのであればフリーランスの道を諦めることも必要です。また、それさえできれば、自由なライフスタイルの仕事を行うことができます。