• 向上心がある人はフリーランスが合う

    仕事をしていると、改善できる部分に気づくこともあります。

    個人で行っている場合はすぐに変更できますが、グループで行っている場合は時間がかかることが多いです。


    意思決定をするのに時間がかかると、変更せずにそのまま続くことが少なくありません。変えた方が便利になると分かっていても、手続き等に時間がかかるとそのままにするでしょう。


    決定に関わる人数が多くなるほど機敏に動けないので、組織が硬直化する傾向にあります。


    フリーランスだと自分の意志で判断できるので、変更が容易になるでしょう。より仕事がしやすいように改良していくことが、効率化に繋がります。

    効率の良い方法を模索し続けると、特定のラインに来たときに急に成果が出るようになるでしょう。


    改良するほど結果が出せると分かると、改善点がないか探すのが楽しくなります。



    自分が仕事をしやすいように考える人は、フリーランスに向いているでしょう。



    仕事を効率的にしたい人は、自分で素早く意思決定できるフリーランスを考えるといいです。

    向上心がある人ほど結果を出しやすいので、仕事を楽しみたい人に合っているかもしれません。



    自分の努力の結果がダイレクトに仕事に結びつくようになると、働くことが楽しくなります。
    仕事をするときは仕事をしながら、改良できる部分がないか探すといいです。たとえ小さな変更でも、それが積み重なることで大きな結果をもたらすことがあります。


    常に向上心を持って働くといいでしょう。